PERSONS

山本 昂平

アカウンティング事業部
(西北海道)札幌業務課
一般職

勤続10ヶ月

クルマの営業から、会計事務所へ。
異業種へのチャレンジを支えたのは
若手をのびのび育てる社風。

Q.入社のきっかけは?
転職サイトの運営会社からの紹介で知りました。福田社長から面接で第一次産業に特化しているオーレンスグループの強みや、まだまだ企業として発展途上だという話を聞き「面白いな」「自分自身の成長にもつながる」と思い、入社を決めました。
Q.オーレンスグループに入社して
前職が自動車の営業でしたから、全くの異業種からの転職です。正直、ついていけるか不安でした。入社して、中標津での社内研修や外部のセミナーにも会社で通わせていただき、実務も諸先輩方に教えていただきながら慣れていきましたので、すぐに不安はなくなりました。札幌業務課は、特に個性的なメンバーですから、自分のやりたいことを実現するために「意見を発信していく力」が育ってきたと思います。また、顧客向けのセミナー等で、プレゼンテーションの能力も身についてきました。税理士やベテランの方々にも相談しやすい環境ですので、自分を成長させるにはとても良い環境にです。
Q.今はどんな仕事をしていますか?
基本的には、担当顧客の定期訪問、社内での定期監査作業です。その他に、プロジェクトの検討や資料作りなども行っています。顧客のみなさんがオーレンスグループという会社を信頼してくださっていて、育てた野菜をもらったりするような、顧客からの愛を感じる場面も多いですね。今までやったことのない仕事にも挑戦するチャンスがあるので、悪戦苦闘しながらやる仕事は、やりがいを感じることができます。
Q.先輩社員としてのメッセージ
若手でもどんどんチャレンジできるオーレンスグループの環境は、とても貴重だと思います。そして、税務事務所としての長い歴史と若い力が上手く融合し、チャンスが多い会社だと思います。それは、変化の速い時代の中で、よりよいビジネスパーソンで居続けられる環境だと思います。オーレンスグループは、自分の可能性を広げ、自分らしさを表現したいという方には、ぴったりの環境だと思います。
^