PERSONS

小山田 謙一

アカウンティング事業部
(東北海道)業務4課
セクションマネージャー

勤続14年

なかったら、つくればいい。
中標津への移住がきっかけで
育まれた環境を楽しむ力。

Q.入社のきっかけは?
札幌で働いていましたが「田舎暮らしをしたい」と思い、転職先を探していました。同時に、高校時代に農家の方々に大変お世話になったので、いつか農家の役に立つ仕事がしたいと漠然と考えていました。中途採用で、しかも未経験の業種。最初の3年は非常に大変でしたが、日常業務から知識の補完がなされたことや業務システムの充実が図られ、楽に仕事ができるようになりました。現在は、私の入社時より新人職員向けの社内研修も充実しており、必要以上に不安を感じる必要はありませんよ。
Q.今はどんな仕事をしていますか?
現在は、課のマネジメントをはじめ、クライアントの監査・決算、外部研修会の参加加、外部への研修会開催提案、営業活動などをしています。社内・社外ともに人の役に立っているという実感が得られたとき、特にチームで営業を行い、成果をあげられたときはうれしいですね。
Q.先輩社員としてのメッセージ
後輩にかっこいい背中を見せたいですね。オーレンスは、多様な人材がいて年齢に関係なくチャレンジができます。たしかに、世の中に簡単で楽な仕事はありません。しかし、その中で『面白い』や『楽しい』を必ず見つけることができる。自分のため・家族のため・社会のため等、その価値観は様々ですが、それを追求しつづけることができる企業です。 今の世の中、明確に『これをやりたい』と決められる人はなかなかいないかもしれません。しかし、現在も発展し、成長を続ける弊社であればそれが見つかるかもしれません。
^